妊娠中もしっかり栄養補給|葉酸サプリは母子をサポートしてくれます

看護師

パートナーとの治療を提案

赤ちゃん

鍼灸院を利用する目的の1つに、不妊の問題を挙げる男女は増えています。必然的に不妊専門の医院も展開され、妊娠しやすい身体をつくるための治療を進めてくれ、さらに定着した後までもサポートする取り組みなども行っています。

» 詳細へ

まず病院を選びましょう

医者

不妊という症状は、原因の特定が難しく、そのため不妊治療には高度な技術と知識が必要となります。東京にはこのような専門病院が数多くあります。不妊治療は、通院の回数や検査などで、男性側と女性側の両方に、肉体的にも静止点的にも多くの負担を強いることもありますが、お互いへの思いやりを忘れないことが大切です。

» 詳細へ

幅広く活躍しています

妊婦

控えるべきものもあります

葉酸という栄養素は妊娠中に必要なものとされています。したがって、妊娠した場合は葉酸を多く含む食品、例えばホウレンソウやブロッコリーといった緑黄色野菜を積極的に摂取することがよいとされています。鶏レバーやうなぎにも葉酸が多く含まれています。しかし、妊娠中の鶏レバーとうなぎの過剰摂取は控えた方がよいとされています。というのも、鶏レバーとうなぎはビタミンAも多く含んでいます。特に妊娠初期の場合、ビタミンAを過剰摂取すると奇形胎児になってしまうリスクが高くなるとされています。したがって、葉酸を多く含む食品でも鶏レバーやうなぎといったビタミンAも多く含む食品は過剰摂取しないように注意する必要があります。

用途は多種多様です

近年では葉酸サプリが多く出始めてきました。このサプリは妊娠中の人は勿論、授乳中の人、妊活を行っている人にも幅広く利用されています。妊娠中に必要な葉酸の摂取量は400ナノグラムとされています。しかし、その目安摂取量を十分満たすことは難しい人も多いため、そういった人にはこのサプリが使われています。また、葉酸の摂取は妊娠しやすい体質になるとされています。したがって、葉酸サプリを使った妊活が近年増えています。他に、葉酸の摂取は質のよい母乳を生産しやすくなるとされているため、授乳期にも積極的に取りたい栄養素となっており、それゆえサプリを使用している人もいます。このように、葉酸サプリの用途は多種多様です。今後も様々な用途で使用されることが考えられます。

基準が厳しくなった

女性

数多くの団体が拠点を持つ、川崎市の産婦人科に通っている方も多いでしょう。特に妊婦さんの中で、妊娠糖尿病になりやすいので、普段から食生活を見直しをしてバランスのいい食事を心がけましょう。そして、病院では、助産師や栄養士などによって、食生活や生活習慣の指導を行っているので、是非参考にしてみるといいでしょう。

» 詳細へ